アロマテラピー豆知識 アロマの気になるを大公開!

意外と知らない
アロマオイル
エッセンシャルオイル
違い?
アロマ
オイル
合成物質を
加えた合成オイル
エッセンシャルオイルをアルコールなどで希釈したものや合成香料などを加えたオイルは、アロマオイル、フレグランスオイル、ポプリオイルmなどと呼ばれます。安価なものが多くあくまで香りを楽しむためのもので、植物の薬効作用はありません。

『アロマオイル』

香りだけを目的に大量生産されたオイル

エッセンシャル
オイル
植物由来の
天然100%オイル
エッセンシャルオイルは、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の芳香成分です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となり、いろいろな用途で使用できます。香りを楽しむのはもちろん、植物が持つ抗菌や鎮静、消臭など、多彩な効果が科学的に認められています。

『エッセンシャルオイル』

様々な用途に使え、
植物抽出物100%のオイル

海外では
エッセンシャルオイルは医薬品

アロマテラピーで使われるのは全てエッセンシャルオイル(精油)です。海外では、アロマテラピーが医療行為のひとつとしてとらえられている地域もあります。一部のエッセンシャルオイル(精油)は医薬品と同様に扱われ、専門の医師が患者の症状に合わせて精油を処方することもあります。

天然モミ精油100%
アビエス
エッセンシャルオイルは

色んな用途に大活躍!


枕元に数滴たらすだけでぐっすり快眠に!

アロママッサージとして大活躍!足のむくみもスッキリに!

集中したい時やリラックスしたい時に!

入浴剤の代わりに数滴たらすだけで心もカラダもリラックス!
上部へ戻る